メンボフェスタ 開催レポート

vol.80 大阪 2013年7月21日(日)

vol80osaka01.jpg

vol80osaka02.jpg

メンボフェスタ事務局の中村です!

大阪開催は、2012年から会場のスタジオフリーピープルさんに運営をお任せしているのですが、今回は久しぶりに僕も運営に参加してきました。


メンボフェスタはバンドメンバー募集中の方の交流会ではあるのですが、バンドメンバーにつなげるための前段階である、音楽仲間作りの場でもあります。

「メンボフェスタ」というイベント名がどうしても前に出てしまって、予約の時点で

「求めているパートの参加者が少ないから」
「好みが合うジャンルの人がいない」
「自分に合う人材がいない」

などの理由でキャンセルされる方がいらっしゃいます。


運営側としましては、「このイベントに来てすぐ求めているバンドメンバーが見つかるわけではない」「メンバー探しは音楽仲間を増やすところから」ということを、常日頃口を酸っぱく訴えておりまして、その訴えがお客さんに浸透しているのかどうか、不安でいました。


しかし、参加者の様子を見ていると、その我々運営側の訴えはご理解いただいているように思えますね!

皆さん好みのジャンルや求めているパートに関わらず、積極的に色んな人と交流している姿が見受けられました。


バンドマンって、元々社交的でないから芸術方面で表現している人も多いと思いますので、音楽関係で知り合いをたくさん作るのは難しい性格の人もたくさんいらっしゃると思います。


一人で作詞作曲編曲もできて演奏できて、ライブなんてやらなくてもいいって人は、Youtubeやニコ動でどんどん表現活動していけばよいと思いますが、大半の人はメンバーがいないと活動できないですよね。

そうなると、どうしても色んな人と知り合って、一緒に活動できる人を選ぶ選択肢を増やさないといけないと思います。


ある程度精力的に長くバンド活動していたら、自然と知り合いも増えることでしょうが、まだその段階に至っていない人はステージ経験と音楽仲間をとにかく増やさないといけません。


特にボーカルの人はそうですね。

なり手が圧倒的に多い割にニーズは限られているので、いくらボーカル教室に通っていて先生に歌唱力を褒められようと、ステージ経験なしではめったにお声はかかりません。

ロックバンドにとっては、歌の良し悪しよりも大切なステージングやオーラ、作詞力は、ボーカル教室ではなかなか学べるものではないので。

とにかくステージを経験し、恥をかき、他人のステージングを見て勉強し、その上で個性を創りあげていくしかないと思うんです。



2月の東京開催にご参加いただいた方の感想にあるように、一見無駄に見える、求めている人がいそうにない回でのメンボフェスタへの参加が、次の流れを呼び込むターニングポイントになることもあります。

理想のバンドメンバーに出会うために、足繁くメンボフェスタにご参加いただくことも一つの手でもありますし、ライブハウスに行ってスタッフさんからアドバイスをもらったり、演奏者に声をかけたりするのも手だと思いますし、色々無駄になることも多くあるかもしれませんが、とりあえず手を広げておくことは大切だと思います。



さて、次回の大阪開催ですが、新たな企画を始めます。

精力的に活動するインディーズバンドのフロントマンでありながら、ライブハウスのスタッフとしての経験も豊富で、両側面からのアドバイスでバンドマンに支持を得ている倉坂直樹さんに、自身のバンド活動経験からノウハウを語っていただく「バンド講座」を開催します!

経験豊富なバンドマンとなかなか知り合えることのない人は、ぜひこの機会に、たくさんの質問を倉坂さんにぶつけてみてください。

リアルな経験から出たアドバイスをあなたに与えてくれると思います。


では次回のメンボフェスタ大阪にてお待ちしています!


おすすめの音楽書籍

ページ先頭へ

開催スケジュール

  • バンドメンバー募集の掲示板 OURSOUNDS
  • 社会人・大人の音楽サークル ケイオンR40大阪
  • 土日ライブイベントLIVE SHOWER~東京・大阪・名古屋~