メンボフェスタ 開催レポート

vol.33 東京 2011年3月20日(日)

vol33tokyo01.jpgvol33tokyo02.jpg

メンボフェスタ大阪スタッフの中村です!

今回も忙しい東京スタッフ宗田に代わり書かせていただきます。
宗田は最近、バンド活動以外にもドラマに出たりでマルチに大忙しなようなので(^ ^)

今回は震災・原発事故の影響で、渋谷区の区民会館が節電のため夜間の会館利用を中止され、一部二部を合同で昼の時間に開催させていただきました。

交通機関もままならず、東京の情勢も不安定な中お越しいただきまして、ありがとうございました!



あの悲惨な大震災から一週間。
我々も、この大災害の後の自粛ムードの中、開催を決行するべきかどうか日々悩みました。

会場が使用できるかも当日まではっきりしない状態でしたが、自粛ムードで関東の中小ライブハウスが悲鳴を上げているという噂を聞き、せめてバンドマンの交流だけでも継続しておかなければとの想いで開催することにしました。

幸い僕らのイベントは、音楽関連イベントではありますが、ただの交流会なので、部屋の電気さえあればできるイベントでしたしね。

最近はマイクも使っておりません。
ステージでMCをするバンドマンが、たった40、50人でいっぱいになる会場で、地声で聞こえないようなか細い声で自己紹介をしていたらだめですからね。
まあ、経費節約でもありますけど(笑)



こういった災害が起きると、娯楽産業は軒並みだめになってしまいますね。
音楽業界にも大打撃。

CDの購入、ライブチケットの購入に充てるつもりだったファンの人たちのお金も、生活必需品の購入に変えていかざるを得ないこともあるでしょう。


とは言え、災害が起きてから始まったことではなく、CDはずっと前から売れなくなっています。
色んな説がありますが、僕はやはりYoutubeやMyspaceの影響が大きいと思います。


あれだけ豊富な動画、音源がCDと変わらぬクオリティでネット上に溢れている。
またそれを、ちょっとパソコンやインターネットの知識があればダウンロードして自分のパソコンやiPodに入れて聞ける。

少し前までは社会的にも違法性が認知されていたWinnyなどのファイル共有ソフトでしかできなかったことが、今や誰にでもできるようになっています。


そりゃあそうなれば、ほとんどの人が3000円近くも出してCDなんか買わなくなるでしょう。
PVもしかり、僕の好きなRadioheadの日本公演の映像も、Radioheadが公認でHD動画をYoutubeで流しています。

こんな素晴らしい映像、Youtubeに出てなかったら、4、5千円出してでもDVDを買っていましたよ。



インディーズや無名のバンドからすると、たいした宣伝費や製作費もかけずにインターネットで自分たちの映像や音源が流せる。
今までなら地元のライブハウスでライブして、ライブハウスでフライヤーを配ってもらう。
他府県の人、ましてや海外の人に自分たちを知ってもらえることなんてほとんどなかったのだから、それはそれは有益ですよね。


ただ、そこから音楽でメシを食べようと転換すると、YoutubeやMyspaceがお給料を減らしてしまうんですよね。

YoutubeやMyspaceで音源配信して宣伝しないとライブにお客さんが増えない。

かと言って全部音源やPVをネットで流してしまったらCDが売れない。

だから試聴用として一部分だけ流してみようとすると、回りのバンドを見たらほとんどがネットで音源を丸ごと公開してる。

僕らはケチ臭く思われないか?全て見せる、聞かせる方がより興味を持ってもらえるんじゃないか?

そんな葛藤でバンド内、レーベル内で論議していることでしょう。



懇意にしていただいているアイビーミュージックの和泉さんの言葉を借りれば、今や

「音楽で飯を食うから、音楽でも飯を食う時代に」

なったものだと思います。


ネット配信に対する著作権の問題がクリアになっていない現状で、無理に音楽だけで食べていこうとすると、バンドの寿命が縮むでしょうし、自由にできず、色々苦しい思いをすることでしょう。

それよりも割り切って、音楽を極力優先できるような仕事に就き、収入はそちらで得ながら長くバンドをやっていく方がよいのではないでしょうか。


学生時代に想い描きましたね。

音楽番組に出て歌うとか、

武道館でライブするとか。

そんな夢は叶えられないかもしれませんが、

自分が満足する音楽を作り、

本当に自分たちを求めてるファンと密に接しながら、

細々ではあれど、アルバムをリリースして数百枚の売り上げが出て、

2、3ヶ月に一度のライブはお客さんが満員になる。

それくらいの売り上げがあれば、レコーディング費や宣伝・営業費も賄える。



これからの時代はそんな形でのバンド活動が合っているのではないかと思います。



もちろん、夢を掴む人は掴むでしょうし、それぞれの目標があるでしょうから、CDが売れない時代でも才能と運のある人は音楽だけで食べていくこともできるでしょうから、その自信が揺るぎない方はそのまま突き進んでください!



次回の東京開催は5月29日(日)です。
いつもの渋谷区から少し場所を変え、中央区の産業会館というところで開催します。

またのお越しをお待ちしております!

おすすめの音楽書籍

ページ先頭へ

開催スケジュール

  • バンドメンバー募集の掲示板 OURSOUNDS
  • 社会人・大人の音楽サークル ケイオンR40大阪
  • 土日ライブイベントLIVE SHOWER~東京・大阪・名古屋~