メンボフェスタ 開催レポート

vol.26 大阪 2010年8月22日(日)

vol26osaka01.jpgvol26osaka02.jpg
メンボフェスタ大阪スタッフの中村です!

8月22日の大阪開催は32組40名の方にご参加いただきました。ありがとうございましたm(_ _)m

最近はメンバーは募集していなくても音楽仲間探し目的で参加される方も増えてきまして、今回は和歌山や淡路島から参加いただいた方もいらっしゃいました。遠くから来ていたたいてありがとうございます♪

都市部にお住まいでない方は、なかなか近所でバンド仲間を探すのは難しいと思いますので、メンボフェスタは仲間作りのきっかけになれるイベントだと思います。

ナンパ目的やスクールなどへの勧誘目的はお断りしていますが、友達作りに活用していただくのは大歓迎ですので、メンバー募集でなくてもお気軽にお越しください。


さて今回は自己紹介について思うところを書きたいと思います。
以前、アンケートでこんなご意見をいただいたことがあります。

「参加者リストに詳細を書いて、自己紹介タイムをなしにしてフリートークの時間を増やしてほしい」

これはスタッフでも検討したことがあります。
その方が興味のある人とピンポイントに交流できるので、無駄がないですから。


そこは我々も色々考えたのです。
たしかにピンポイントで交流できるのはいいことだと思うのです。

しかし、、バンドメンバーの募集という意味合いがある以上、緊張感のある自己紹介で、その人の自信の度合いや雰囲気、ステージ映えするかどうか、MCが上手そうかなど、バンドでライブをするときにしか見えてこない様子を見ることができるのはいいことではないかと。

それから、書面で興味の持てなかった人にも、自己紹介を聞いて興味を持つこともあると思うので、意外性を発見するのにも自己紹介はあった方がいいだろうということで自己紹介タイムを設けております。


特にボーカル志望の方は、そういう目で皆が自己紹介を聞いているということを意識しておいてください。

自己紹介で前も向けず、しどろもどろな話し方の人は、きっとステージ上でもそうだろうと思われてしまいますので。


最近のメンボフェスタではマイクを使用していません。

会場の規模が小さいからマイクはそれほど必要がないというのもあるのですが、マイクなしの方が声の大きさ、通り方でその人を判断することにもいいのではないかと考えてます。

お客さんを楽しく盛り上げたいバンドを目指している方なら、できるだけ皆に聞こえるようはっきりと大きな声で自己紹介しなくちゃいけないでしょうし、逆に、そういうバンドを目指していない方は、それなりの雰囲気を出した方がいいですからね。



過去26回の開催で色んな人の自己紹介を見てきましたが、好印象だと思える自己紹介を少し紹介してみましょう。

友達を増やしたい方は、お酒が好きなら「酒好きです。飲みに行きましょう」みたいな自己紹介は好印象だと思います。実際開催後にそのまま意気投合して飲みに行かれる方や、カラオケに行く方もいらっしゃいますから。

「お互いのバンドのライブに行きあいましょう」っていうコメントもいいと思います。そうやって自分からライブに見に行くよってアピールしておけば、きっと交流したいと思わせることができると思いますので。

大阪開催ですと、一つ笑いを取ることも重要ですね。ヴィジュアル系であれ何であれ、大阪はジャンルに関わらずMCでは笑いを取ることを要求される土地柄ですからね(笑)特に自虐ネタで笑わせてくれる人って好印象持てます。芸人で言うと、ヒロシのような。もうヒロシ知らないかな(笑)

あと、自分の声や音について言葉で表現する方はすごく経験豊富で個性を感じますね。
ボーカルなら「透明感のある感じ」とか、「シャウト系」とか、「○○みたいな声」とか。
弦楽器なら「艶っぽい音色出します」とか、「基本アン直」とか、「空間系」とか。
ドラムのことはよくわかりません(汗)


逆にあんまりよくないと思える自己紹介内容について。

「バンド経験ないけど本気でトップ目指します」っておっしゃる方がいますが、あまりいい印象は持てないです。「お前のことよく知らないけど、本気で愛してるよ」って女の子に告白してるようなものですから(笑)

自分の音楽性の深さをアピールしたいのはわかるのですが、マニアックなバンド名をたくさんおっしゃる方もよくないですね。できるだけ有名なバンド名を挙げつつも、そんな有名なバンドの中でもセンスのあるバンドを挙げるのがベターだと思います。

あと、自分のことはあまり語らず、コネクションとかばかりを紹介する方。たしかにコネクションが多いことはメリットだと思うのですが、やはり重要なのは本人の実力・オーラだと思いますので、コネクションのアピールはあった方がいいですが、さらっと流すくらいにしておきましょう。



最後にインディーズ志向の方に一つ。

インディーズ志向の方は、インディーズのスタンスって個人個人でバラバラだと思いますので、どういうスタンスでやっていきたいのかを明確に伝えておいた方がいいですね。

インディーズ志向の言葉の定義が難しいですが、僕が思うに、真剣に自分のやりたい好きな音楽を追求する人たちを指すのではないでしょうか。。

お金をもらってライブをやったりCDを販売する以上、プロ志向となんら変わりはないのですが、プロ志向というのは多少自分の好みを曲げても大衆受けできる音楽を表現し、芸術性だけでなく集客力にも力を入れる人たち、という風に捉えています。

とは言え、やはり○○志向だと言っても、やはりそれは個人個人の感じ方なので、あくまで目安とお考えください。話を聞いてナンボだと思いますので。


では、9月4日(土)、大向区民会館にてお待ちしております!!

おすすめの音楽書籍

ページ先頭へ

開催スケジュール

  • バンドメンバー募集の掲示板 OURSOUNDS
  • 社会人・大人の音楽サークル ケイオンR40大阪
  • 土日ライブイベントLIVE SHOWER~東京・大阪・名古屋~